ホームページ開設!!

私たちは、子どもの睡眠障害の当事者団体です。法人化を目指して現在調整しています。
『自分たちと同じように悩み、苦しむ子どもをなくしたい!』
そんな想いを持った「兵庫県立リハビリテーション中央病院 子どもの睡眠と発達医療センター」の元入院患者が中心となって立ち上げました。

小児睡眠障害(その多くが併発している慢性疲労症候群を含む)の治療には、多大な時間と根気、労力を必要とするので、やはり予防が肝心です。
また、もし発症してしまった場合には、早期の専門的な治療や積極的な休養、そして再発防止のための教育が必要となります。
さらに、小児睡眠障害は、脳の疲労状態を示しており深刻な病気ですが、周りの理解が得られにくく、これが子供たちをさらに悩ませ、苦しませる要因となっていますが、小児睡眠障害を専門に扱う医療機関やこの病気に関する情報は極めて少ないのが現状です。

「どうすれば、睡眠の悩みを抱える全ての子供たちに救いの手を伸ばすことが出来るのだろうか。」

そんな想いで、現在、以下のような事業に取り組んでいます。
・患者の会や保護者の会などの交流事業
・講演会や広報活動などの予防啓発事業
・メールによる相談事業(ohisama.talk@outlook.com  担当:田中)
今後も、様々な事業の展開・拡大を計画しています。

講演会のご依頼やご相談など、お気軽にご連絡ください。
また、活動に対する皆さまのご支援、心よりお待ちしております。
(ohisamanoie@outlook.com   代表:荒西)

おひさまの家

小児睡眠障害・小児慢性疲労症候群 当事者団体

0コメント

  • 1000 / 1000